Q&A

初心者ですが大丈夫ですか?

大丈夫です。ピアノを始める方のほとんどは未経験の方です。楽譜の読み方や弾く時のフォームなど基本から丁寧にお教え致します。

家にピアノがありません

レッスンの時、週に1度ピアノを触るだけでは上達は見込めません。もちろん本物のピアノが望ましいですが、まずは電子ピアノでも良いのでご家庭に鍵盤のご用意をお願い致します。電子ピアノにも種類が様々ございますが、リズムや模範演奏などの機能が充実しているものよりも、タッチや音色を重視している楽器をお薦め致します。後にお子様がピアノに興味を持ったタイミングで本物のピアノに買い換えてあげて下さい。将来本格的に音楽の勉強をしようと思った時は必ず良いピアノが必要になってきます。

宿題はある?家で練習をしないのですが・・

宿題に関してはレッスン時に直接お伝えし、レッスンノートにも記載致します。また、楽譜にもその日注意された事などが細かく書かれているはずです。楽譜をよく見て直してきましょう。ピアノの上達には家での練習が必須です。しかし練習というのは正直楽しいものではありません・・。どうしても後回しにしてしまいがちです。まずは1日のスケジュールをお子様と一緒に決めてみませんか?宿題の時間、テレビの時間など決めていく中にピアノの時間を組み込んでみましょう。習慣になってしまえばそれほど苦になる事もないでしょう。ただし、習慣付けというのは最初が肝心です。まずは10分でも良いので通い始めたその日からピアノに向かうように心がけましょう。毎日の積み重ねが大切です。是非、お子様とルールを決めて取り組んでみて下さい。ご家庭での練習はどうしても親御様のご協力が必要になってきます。どうぞその旨をご理解して頂き、お力添えをして頂けたら幸いです。

親に音楽の経験がありません

親御様にお家でレッスンして頂く必要はございませんが、是非練習を聴いてあげて下さい。付きっきりでそばにいる必要はありませんが、耳は傾けてあげて欲しいと思います。そして声をかけてあげて下さい。ピアノの練習と言うのは、どうしても孤独になってしまいがちです。「素敵な曲ね」そんな何気ない一言も、聴いてくれているんだと言う安心感からお子様のやる気につながる事でしょう。お子様の弾ける曲が1曲、1曲と増えていく喜びを一緒に分かち合って頂けたらと思います。もし、お子様の練習について何か困った事などがございましたら何でもご相談下さい。レッスンノートに書いて頂いても、直接お電話をして頂いても構いません。一緒にお子様をサポートしていきましょう。